痛いって本当!?痛みを抑えながらVIO脱毛するコツ

VIO脱毛が痛いと言われる理由

海やプールのレジャーに行く機会が増えると、VIOラインのムダ毛が気になってきます。これらの部位は肌が非常にデリケートなので、間違ったムダ毛の自己処理を繰り返していると、肌トラブルが起きやすいから気を付けましょう。ですので、エステサロンや美容クリニックで、しっかり脱毛でケアするのがおすすめです。脱毛というと、痛みが伴うものというイメージが強くあります。特にVIO脱毛はデリケートな部分をケアするものなので、痛みが強くなる傾向にあります。さらにVIOラインのムダ毛は、手足や顔のムダ毛と比較すると、太くて濃いという特徴があります。その分、脱毛施術の効果が毛根にあらわれやすいので、痛みが強くあらわれます。

痛みが少ない脱毛方法を選ぼう

VIO脱毛の痛みを減らすには、肌にかかる負担が少ない施術方法を選ぶことが大切です。脱毛には、肌にレーザーを放射するレーザー脱毛の他に、フラッシュ脱毛があります。一般的に、レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛のほうが肌負担が少ないので、こちらを選ぶことで痛みを軽減させることが期待できます。フラッシュ脱毛でも、使用するマシンによってIPL方式やSSC方式などに分類することができます。IPL方式は、黒色のメラニン色素にダメージを与えます。黒色が濃いVIOラインの脱毛で使用すれば、効果が得られやすいのがメリットです。一方のSSC方式は、ムダ毛を抑える効果のあるジェルを塗って、フラッシュを照射します。この方法は肌に優しく、痛みもほとんどないのが特徴です。

VIOライン脱毛は、海水浴シーズン前になると混みあうことが予想されるので、冬の間に済ませている人も多いです。