意外と知らない?抜け毛予防マッサージの豆知識2選

朝と夜に簡単頭皮マッサージで抜け毛を予防

人間の体にはいたるところに毛細血管があり、もちろん頭皮にも毛細血管があります。血管は栄養を届けるため、血行が悪いと毛根に流れる栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。

頭皮マッサージは血行が良くなるお風呂上りが良いとされており、タオルで水分をある程度拭いた後に軽く指の腹を使って円を描くように3~5分程度マッサージします。

朝はスタイリングの前にお湯で髪を濡らし、同じく指の腹でシャンプーするようにマッサージします。毎日の行いが積み重ねとなり、抜け毛予防へとつながります。

意外と盲点?シャンプーはマッサージと同じ

上記の通り、マッサージはシャンプーと同じやりかたです。しかし、意外とできていない方が多く、爪で頭皮を刺激したり力を入れすぎてしまうと逆効果になります。

シャンプーは力を入れず指の腹で泡立てますが、多く汗をかいた日はあまり泡立たないことがあります。しかし、お湯だけでも汚れを落とすには十分効果があるので、シャンプーは一回で終わらせましょう。

シャンプーのやりすぎは必要な油分を落としてしまい、肌が油分を必要と判断するため普段以上に油分が分泌されます。これがにおいの原因でもあり毛根の汚れにもつながります。毛根が汚れてしまうと血行が悪くなり抜け毛に繋がってしまうのです。

また爪を使うと頭皮が傷ついてしまい、フケの原因にもなりますし、肌が再生するときに過剰に修復されることがあるため毛穴が小さくなり発毛を妨げてしまうのです。

頭皮はあなたが思っている以上にデリケートです。血行を良くし、傷をつけないことが抜け毛予防で一番大事なことです。

抜け毛とは、毛根から抜けた毛のことを指します。健康な人で、1日50本から100本ほど自然に抜けるのが一般的です。