無駄毛の除去は肌に優しく!脱毛とスキンケアを両立させよう!

脱毛による肌への影響について

体毛を人為的に取り除く脱毛は肌に強い刺激を与えます。脱毛処理は体の部位によっては強い痛みを感じる他、毛穴が炎症を引き起こして赤く腫れてしまうこともあるので注意が必要です。また、体毛が取り除かれたことで毛穴が空洞になり、皮脂などの汚れが入り込んでしまうケースがあります。毛穴が汚れで詰まると炎症を引き起こして大きく腫れてしまうことが多く、見栄えが悪くなってしまいます。場合によっては強い痛みを伴うこともあるので、単に無駄毛を取り除くだけではなく、スキンケアを併せて行うのが綺麗に仕上げるための重要な条件になります。

脱毛後の正しいスキンケアを行うための心得

スキンケアは脱毛で生じたダメージを緩和して肌を労わる目的で行います。そのため、肌質に適した方法で行うことが大切です。市販の美容液を使って肌の保湿を促すのが一般的なスキンケアですが、脱毛によって生じた微小な傷に美容液が触れると痛みが生じる可能性があります。また、含有成分の影響でかぶれや痒みなどの不具合に見舞われる可能性もあるので、予め自分の体に適していることを確認するのが正しいスキンケアを行うための工夫です。また、脱毛の方法によって肌へのダメージは大きく変わるので、無駄毛の固さや肌の状態を考慮して丁寧に処理を行い、肌を傷つけないように気を配るのもスキンケアの手間を簡略化するための心得になります。

無駄毛の処理と正しいスキンケアを行うのが美肌を保つ条件なので、体を労わりながら適切に対処することが大切です。

えりあしの脱毛とは、首の後ろ側に当たるパーツである、うなじ部分に生えているムダ毛の処理を意味する言葉です。